楽しく美容師をやりたいなら田舎に移住しよう〜

 

 

 

 

 

都会で美容師をしていると、

 

どうしても疲弊してしまうわけです。

 

 

お金も無くなるしね〜。

 

 

 

どんなに頑張っても給料なんて上がらないし。

 

 

歩合?

 

う〜ん?

 

 

そんなのあったんだ〜って感じですよね。

 

 

 

 

美容室オーナーはバカばかり

 

美容室オーナーから、

 

「売上100万円あげたら、歩合を5%を付けるよ〜。」

 

って・・・。

 

 

 

売上が100万円ないと歩合は付かないって事ですね・・・。

 

 

 

今の時代、売上100万円なんてそう簡単にいくわけもないし。

 

 

それに売上100万円で、歩合給が5万円ぽっちって!

 

 

なんでしょうね〜。

 

 

 

美容室のオーナーってなぜあんなにバカなのでしょうか?

 

 

「人手不足、人手不足」というなら、

 

ちゃんとお金を美容師に払えば良いだけなのに。

 

 

 

わざわざ美容師のやる気を削ぐような給与体系で。

 

 

そんなに自分一人だけ儲かりたいんですかね。

 

 

そんなことをしているから、

 

美容師スタッフがすぐに辞めていくのに。

 

 

 

 

まあ美容室オーナーなんて、

 

大概どこも同じような人種だから、

 

関わらないほうが良いですよ。

 

 

 

 

 

田舎での美容室開業は簡単

 

それでも、美容師は続けたい!

 

という方は、

 

ぜひ 田舎に移住して下さい。

 

 

田舎に移住して小さな美容室を開業して下さい。

 

 

田舎での美容室開業は簡単です。

 

 

贅沢をしなければ、

 

そこそこ食べていけます。

 

 

 

ドカンと儲かるような感じはないですがね。

 

 

 

でも、

 

楽しく美容師を続けることができます。

 

 

 

300万円で美容室を開業する

 

都会で美容室を開業するとなれば、

 

安く見積もっても1000万円ぐらいは必要になります。

 

 

 

が、田舎での美容室開業なら、

 

300万円もあれば大丈夫。

 

 

 

 

150万円でお店を作って、

 

150万円を運転資金に。

 

 

 

300万円の開業資金が無ければ、

 

国金(日本政策金融公庫)から借り入れを起こしましょう。

 

 

300万円ぐらいの借金なら、

 

もしお店がダメになっても、

 

なんとかやっていけるレベルですからね。

 

 

 

1000万円の個人的な借金は正直、

 

きついです。

 

 

 

 

300万円ぐらいならいけます!

 

 

 

国金(日本政策金融公庫)も貸してくれますよ。

 

 

国金(日本政策金融公庫)から融資を受ける際に凄く参考になるおすすめ本です。

 

▪️事業計画書は1枚にまとめなさい―――公庫の元融資課長が教える開業資金らくらく攻略法

私もこの本だけを参考にして、必要書類を作りました。

 

 

 

楽しくなきゃ仕事じゃないと思うよ。

 

同じ美容師をするなら、

 

自分のお店で、

 

楽しく、

 

やったほうが良いと思いませんか?

 

 

 

今からこの考え方が主流になっていきます。

 

 

遊び=仕事

 

って感じです。

 

 

 

遊びと聞くと、

 

怠けているイメージですが、

 

決してそんなことは有りません。

 

 

 

 

遊んでいる様に仕事をしている人ってことは、

 

仕事が楽しいってことですよね。

 

 

仕事が楽しい人の仕事って、

 

良いですよね〜。

 

 

 

嫌々仕事をしている人よりも、

 

よっぽど信用できます。

 

 

 

遊び=仕事 とはそんな感じです。

 

 

そのほうが、

 

結局、

 

お客さんに選ばれますしね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です