カナダのバンクーバーにある日系美容室で働いた時の給与(報酬)

 

>>留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】


 

ワーキングホリデーと給料

 

カナダのバンクーバーで美容師として働いた時のお金、給料事情をお話させていただきますよ。

 

 

では、早速いきます!

 

 

 

 

基本ですが、

 

固定給はありません。

 

完全歩合制です。

 

売上の40%が給料(報酬)として支払われます。

 

税金などはありません。

 

現金で支払われます。

 

売上が1000ドルだと400ドルが報酬です。

 

 

日本円だと、

 

売上が10万円で4万円が報酬って事です。

 

 

多いか、少ないか・・・。

 

 

 

今ある日本の面貸しサロンと同じような感じですね。

 

 

唯一違う点。

 

それは客単価が高いという事です。

 

 

その日系美容室は、

 

メンズカットで30ドル

 

レディースカットで40ドルでした。

 

 

日本版の縮毛矯正に関しては200ドル〜。

 

日本の縮毛矯正は結構評判が良いみたいで、かなり高い値段が設定されていました。

 

カラーリングにしても、最低60ドル〜なので客単価は高いですね。

 

この点は、日本の面貸しサロンとは違いますね。

 

 

なので、客数をこなさなくてもそこそこの売上はあげる事が出来ます。

 

 

とは言っても、日本の美容室とは色々と違う点が多いので施術に多くの時間が必要になります。

 

今の日本の美容室のように、スピード重視ではなく、

 

「時間は掛かっても良いから、ちゃんとやって〜」っていうお客さんしか来ませんしね。

 

 

私の給料はいくらだった?

 

私の場合、月間売上が2500ドルほどだったので、

 

報酬は1000ドルほどでした。

 

 

日本円で7万円〜8万円ぐらいです。(当時のレートで)

 

※ちなみに今のレートは以下の通りです。

2019年4月28日(日)

 

 

 

 

まあワーキングホリデーで来たので、

 

こんなものかな〜と・・・。

 

 

 

ワーキングホリデーは、

 

語学勉強、旅行、などメインなので。

 

 

 

 

休みは、自由です。

 

出勤日を自分で申請する感じです。

 

この辺がカナダって感じです。

 

 

日本の面貸しサロンと違って、

 

ちゃんとフリーランスです。

 

 

きっちりとした拘束時間も設けていなかったですね。

 

 

予約、指名、が入っていない時は帰っても良いというシステム。

 

 

まあこれがフリーランスの働き方として正しいと思うのですが。

 

 

>>留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】


 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です