「理容師免許も取ったほうがいいよ!」って言っているバカな美容師

 

理容師でも美容師でも社会の底辺ですよ

 

世の中には、

 

美容師、理容師、両方の免許を持っている人もいます。

 

が、そんな人たちが経済的に豊かか?と言われれば決してそんなことはありません。

 

 

逆に技術にこだわり過ぎて貧乏だったりしますからね。

 

 

パターンとしては、美容師の免許を後で取得する理容師さんのほうが多いような感じです。

 

このような人って全く畑違いだと言うことが理解出来ていないんですよ。

 

理容室と美容室が。

 

 

髪の毛を切ったり、染めたりすることは同じなのですが、

 

根本的に「センス」が違うんです。

 

 

 

理容師がどんなに頑張ってもオシャレな女性用ヘアスタイルを作ることは出来ません。

 

そもそも、女性の髪の毛を切る機会が少ない理容師さんがオシャレな女性ヘアスタイルを作ることなんて無理無理。

 

 

だって、女性の髪の毛を切る機会が少ないんですからね。

 

 

 

でも、美容師の場合 男性の髪の毛もオシャレに切ることが出来ます。

 

 

こんなことを言うと、

 

「ハサミの使い方が悪い」

 

「刈り上げが下手」

 

なんてことをいう理容師さんが出現するんですけどね・・・。

 

 

 

本当にどうでも良いことなのに・・・。

 

 

理容師さんは、

 

理容室の仕事を頑張ったほうが、

 

良い結果を得られますよ。

 

 

 

 

美容師の免許をとっても、

 

なんの役にもたちませんから。

 

 

 

美容師も同じです。

 

 

理容室で働かないなら理容師免許なんて不要です。

 

 

誰も求めていませんから。

 

 

 

まあ結局、底辺っていうのは変わらないんですけどね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です